株式会社プランニングA

column
2023.10.30

今だからこそ!目を引く印刷加工3選

こんにちは。このブログもすっかりWEBやらAIやらの話が増えて、脳みそが追いつかない社員Mです。おいてけぼりにならないように食らいついていかなくっちゃあいけないんですけどね。どうしたって時代ですから、成果物やその先を見据えるとWEB媒体が主流になって、これからもどんどん取り入れていかなくちゃいけないのはわかっているんですが、それでもやっぱり印刷物が好き!な私、少しだけ話をさせてください。

最近印刷所を調べる機会がありまして、改めて紙って奥が深くて楽しいものだなあ!と再認識しました。皆さんは印刷物の加工ってどれくらいご存知でしょうか?やっぱりこういうの、いいよなあ…と最近私が思ったアレコレをちょっとだけご紹介。

エンボス・デボス加工(ツジカワ株式会社)

エンボス・デボスはみなさんも聞いたことがあると思いますし、日常生活で触れる紙にもよく目に付く加工方法です。ただ、私は多段加工で彫刻のように紙に立体感を持たせることができるのは最近まで知りませんでした…。

https://www.tsujikawa.co.jp/skill/emboss-deboss/

レーザーカット加工(株式会社共進ペイパー& パッケージ)

株式会社共進ペイパー& パッケージのレーザーカット加工は、高い技術で生産性を向上させ、良いものを低コストで提供できるそう。繊細で高精度なものが安価でできるとは、素晴らしい…!小箱やビジュアルボード、紙製オーナメントや各種パッケージなど用途も幅広く、個人的にいつかやりたい製法です。

https://kyoshin-pk.co.jp/service/lasercut/

紙束を斜めにカットする加工(大成美術プリンティング)

大成美術プリンティングが提供している製法。特にユニークで印象に残る「ななめもーる3D」はノベルティの提案としても有効ですね!

https://nanamemor.jp/order_3dcut/

今回記事を書くのに参考にしたのはグラフィック社から出版されている「デザインのひきだし」です。

このシリーズすごいんです、本誌の作り込みがワクワクする仕掛けいっぱいなので、是非触ってみていただきたいです。

https://graphicsha.co.jp/detail.html?p=38114

業務内容上、ここまで一つのものに拘って何かを作るというのはなかなか難しいですが、いつかこういう作り手も受け手もワクワクするお仕事もやってみたいですね…!WEBが主流になっている今、印刷物だからこそできる表現方法で良さを再確認するのもいいのではないでしょうか。

お困りのことがございましたら
お気軽にご相談ください

結果につながる広告制作は
プランニングAへおまかせください。

contact