CURRICULUM

教育カリキュラム

あなたの成長が会社の成長につながる。

入社後、プランニングAの仕事について学んでいただくために、新入社員向けのカリキュラムを設定しています。
一人ひとり教育担当者が付き、丁寧に指導いたします。

広告プランナー入社後の流れ
【新卒】

ビジネスの基礎を身につける
[課題:ビジネスマナーの基本・応用、コミュニケーションの基本・応用]
名刺交換や電話対応といった、社会人に必要なビジネスマナー、そして、クライアントや上司との間で、相手の考えを聞き、自分の考えを伝え、良好な関係を築くためのコミュニケーションの方法など、社会人としての基本を研修で身に付けます。
広告の仕組みを知る
[課題:広告について、広告代理店の業務内容]
自社の商品を正しく理解することが広告プランナーの基本です。弊社の商品は、「広告」。一口に広告と言っても、近年は続々と新しい媒体、手法が登場し、広告代理店が扱う範囲も年々拡大しています。まずは、代表的な印刷メディアとデジタルメディアの特性を学びながら、広告の基本的な知識を身に付けます。そして、広告代理店がクライアントに対してどのような役割を担っているのかということを学んでいきます。
仕事の流れを知る
[課題:アシスタント業務、先輩とのOJT研修、アプローチやクロージング方法、各種書類の作成方法]
ここからは実際の業務の中で学んでいきます。先輩や上司の業務の一部を補佐したり、クライアントとの打ち合わせに同行したりする中で、仕事の流れや具体的な方法を学んでいきます。また、業務を進めるにあたって不可欠な、各種書類の作成方法も身につけます。
広告提案を学ぶ
[課題:提案企画書の作成、見積書の作成、提案やプレゼンのシミュレーション]
広告プランナーの仕事の核となるのが「提案」です。クライアントの課題を聞き、その解決策を提案します。
良い提案をするには、企画の内容はもとより、提案企画書の作り方や、プレゼンテーションの方法も重要です。
先輩や上司の提案企画書作成の一部を担当したり、提案の場に同行するところから始め、自分で提案企画書を作り、提案やプレゼンのシミュレーションを先輩や上司を相手に行うなど、段階を踏んで実践的に学んでいきます。

※2〜3ヶ月間は研修期間となります。