INTERVIEW

社員インタビュー

宇都宮支社 広告プランナー
中澤 亮
RYO NAKAZAWA
2014年入社
明治学院大学文学部出身

地元の福島県を面白くする仕事がしたい。

入社のきっかけ・動機を教えてください。
入社のきっかけは、地元の福島県を面白くする仕事をしたいと思っていたからです。
正直、大学の友人はほとんど関東圏で就職活動をしていましたが、自分は東京で働く必要性は考えませんでした。今でも後悔は全くしていません。
印象に残っている仕事と、その内容を教えてください。
印象に残っている仕事は、初めて自分で通った上で受注した案件です。もちろん、先輩の同行もあってのことでしたが、最終的には自分を評価して仕事を任せてくれたように感じ、嬉しかったのを覚えています。具体的な仕事は折込チラシの制作だったのですが、自分も頂いた仕事に応えようと、とにかく必死になって原稿を考えました。
仕事でピンチと感じる時はどんな時ですか?また、それをどうやって乗り越えますか?
自分では経験が無い様な販促キャンペーンを依頼されたり、提案を求められた時。
その時は周囲(先輩後輩問わず)に助けを求め、その助言を信じて自信をもって提案します。実施、または提案した際に反省しなければいけないことがあれば、それもまた自分にとってはプラスになるので何事もポジティブに捉えていく様に心がけています。
今まで苦労した仕事や出来事は何ですか?
苦労したことは郡山支社から宇都宮支社への異動でした。
クライアントはもちろんですが、プライベートでの知人も一切いない中で公私ともにゼロベースからのスタートですので、異動した当初は不安の方が大きかったです。
しかし、自分のことを信じて努力を重ねることで、良い結果はついてくるということも実感しました。この体験を基にして、これからも新しいことにチャレンジする勇気と自信がつきました。
これから挑戦したいこと・目標を教えてください。
宇都宮支社に配属されて2年目ですが、後輩の見本となるのはもちろん、売上を上げて、宇都宮支社をもっと大きくしていきたいです。

ある1日の仕事の流れ

PRIVATE

休日の過ごし方

ランニングで
体を動かして
思いっきり汗をかいて
リフレッシュ!