INTERVIEW

社員インタビュー

WEBクリエイター
野々下 茜
AKANE NONOSHITA
2010年入社
専門学校デジタルアーツ仙台 出身

努力次第でステップアップできるのが魅力

入社した理由
入社した当時プランニングAは平均年齢が20代でしたので、若く勢いのある会社だと感じました。
上昇中のスピード感のある環境、自分の頑張り次第でステップアップできるところに魅力を感じ入社しました。
前職はDTPデザイナーとしてデザイン制作会社で働いていましたが、プランニングAがWEB部門拡大のタイミングで入社したこともあり、DTPデザイナー兼WEBクリエイターとして会社自体の分野を広げる役割りに携わることとなりました。
今携わっている仕事
チーム全体の業務管理をしながら、打ち合わせ、設計・企画、デザイン、コーディングなど幅広く行っています。
最近は「作って終わり」ではなく、「どうするためにどう作るのか」「どう運用するのか」が重要とされることが多くなり、良いデザインだからといって単純に応募数が増えるわけではない、結果を出すことの重要性に難しさを感じます。
悩むこともありますが、他のチームからも客観的な意見をもらいながら、クライアントの要望や目標達成のため、たくさんの人に満足してもらえるサイト制作を目指しています。
今後挑戦したい仕事や目標
WEBの分野は日々進化していて、新しいトレンド・新しい考え方・新しい技術に追いつくのは大変ですが、新しいことができるようになるのは本当に楽しいことです。また、習得によってクライアントの要望を叶えることにもつながります。
今後はインプットの強化として、研修・講習への参加の機会を増やしたいと考えています。会社で研修費をサポートしてくれていますし、外部からの刺激はモチベーションにもつながりますので、積極的に参加し幅を広げていきたいです。
学んだことをチームで共有し、主体的にクライアントの課題解決に取り組んでいけるチームにするのが目標です。
CAREER MAP

WEBクリエイターのキャリアマップ

野々下 茜さんの場合
MY GOAL
前職:DTPオペレーター勤続2年

前職で習得したDTPオペレーターのスキルを生かして
もっとニーズに寄り添ったデザインをお客様に提案したい!

  • STEP01STEP01
    〜6ヶ月
    基礎能力把握

    前職で培ったDTP・WEBのスキル・知識、デザイン・業種の得意分野など、どこに特性があるのかを実際の仕事を通して、シスター・ブラザー制の担当者が把握・判断していきます。

    ●仕事の流れ、クライアントの把握
    ●自分の得意分野の発掘
    ●DTP・WEBの基礎知識の把握と確認
  • STEP02STEP02
    〜1年目
    プロセス強化

    個人のスキルをふまえ、不得意を潰すのではなく、得意を伸ばす方法でのスキルアップを試みます。
    まずはサイトのリニューアルなど、元々素材のある仕事、コンセプトが確立している企業など既存の情報をより良く見せる案件で、より提案力・デザイン力に磨きをかけます。

    ●自分の得意分野の確立
    ●DTPオペレーションのスペシャリスト
    ●WEB分野のトレンド・考え方・技術の常時追求
  • STEP03STEP03
    〜2年目
    提案力強化

    原稿のない「提案」に近い案件、コンペ、新規取引企業など、より提案力とデザイン力、コンセプトの確立を要するWEB案件にも挑戦していきます。
    作って終わりでなく、そこからどうやって運用・活用するのかも踏まえての作成となるため、より責任とやりがいのあるプロジェクトが増えていきます。

    ●提案・コンペ・新規案件などへの挑戦
    ●WEBデザインのスペシャリスト
  • STEP04STEP04
    〜3・4年目
    自己キャリア形成

    今後のキャリアを見据え、一人ひとりの将来像に向けて形成する期間です。
    WEB分野はサイトの作成だけにとどまらす、バナー広告、SNS、リスティング広告など今回の案件ではどういうアプローチが効果的か、というデザイン以外の戦略的な要素もデザインと並行して行うようになります。

    ●WEB分野のスペシャリスト
    ●戦略も踏まえた提案
  • STEP05STEP05
    5年目〜
    WEBクリエイター
    スペシャリスト

    WEBクリエイターとして今までは自分で考えたものを自分で作成するということが主流でしたが、この時期から部下にディレクションしてデザインを反映させることが多くなります。
    部下の得意、不得意を判断して仕事を割り振るという人材育成のスキルも必要になってきます。

    ●部下への指導・ディレクション
    ●仕事の配分・フォロー
    ●部下のモチベーション管理