BLOG
ブログ

2014.02.20

ここいちばん

あれは、21世紀初頭、私は某雪国で学生でした。卒業制作に追われ煮詰まった脳みそを再び奮い立たせるために、図書室のオーディオコーナーで聞いていた思ひでの曲。
どうして聞き始めたのかは、さっぱり覚えていません。誰かに勧められたのか何となく手に取ったのか、何しろ昔のことすぎて…。
その曲は、Beethoven Piano Sonata No.14 月光 の第3楽章。

これを聞くと奇妙なほどアドレナリンが湧いて出てやってやるぜ的な気分になります。ある意味、リポDよりその効果は強いような気がします。今まで聞いた色々な曲の中で、即効性、強度ともに、今のところこの曲に勝る猛者とは出会っていません。月光には、第1楽章、第2楽章もありますが、こちらには第3楽章が持つ私にとっての興奮作用は感じられません。
第3楽章は、とにかく激しい感じの曲なので、覚醒したいときに今でもたまに聞いたりします。
学生時代の苦悩?やあせり、若さ100%の空回りを思い出させてくれる懐かしい一曲です。
ササキでした。

CONTACT

下記のフォームに必要事項を記入してください。※お問い合わせの際には個人情報保護方針のご確認をお願い致します。

会社名
お名前必須
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
メッセージ