BLOG
ブログ

2014.06.14

バックパッカーのバイブル

 

今回もトピックスが更新された後の投稿になってしまいました…。

毎回トピックスが更新される度に何を乗せようかと考えている

最中に次のトピックが更新されてしまうというこの悪循環。

 

トピックを毎回更新している方に申し訳ない気持ちで一杯です。

毎回、謝罪からブログを始めている気がします、中澤です。

 

今回(前回)はオススメの本という事で、読書が趣味な僕にとっては一冊を選ぶのにとても困りました。

皆さんに紹介したい本は沢山ありますが、今回は『深夜特急(沢木耕太郎)』を紹介したいと思います!

image

この本は実際に沢木先生が旅した道程を記した私小説になります。

 

簡単にあらすじを説明すると、ユーラシア大陸を沢木先生が東は香港から西はロンドンまでを

飛行機を使わずに実際に自分の身体を使って時には列車に、時にはバスに揺られながら旅をする、というものです。

 

バックパッカーのバイブルとしても扱われるこの作品ですが、実際に役立つ情報は

交通の便が発達したイマとなってはあまり役には立ちません。

 

しかし、この本を読めば何故この本がバックパッカーのバイブルとされているのかが分かる気がします。

 

それは旅に出るにあたっての心得であったり、楽しみ方であったりと、

とにかく僕ら(読者を)が「旅に出たい」という衝動にかられる作品だからだと思います。

 

かくいう僕もこの本を読んでからというもの

旅に出たいという衝動を抑えきれずに旅に出かけた事もあります。

 

直で感じるその土地その土地の空気感はやはり行ってみないと分からないし、

現地の人が醸し出す雰囲気や空気感も国によって全然違う事も知りました。

 

安全な旅ももちろん楽で楽しくて好きですが、汚くたって自分でどうにかして

過ごす旅の方が断然わくわくします。

 

小説ですと全6冊になりますが、この作品は肩肘も張らずに気楽に読めてしまいます。

これを読んで夏は旅行等いかがでしょうか?

 

CONTACT

下記のフォームに必要事項を記入してください。※お問い合わせの際には個人情報保護方針のご確認をお願い致します。

会社名
お名前必須
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
メッセージ