BLOG
ブログ

2014.08.30

日常に潜む恐怖

恐怖‥。
 
それは、死に直結するリアル恐怖と
今の状況を受け入れられないことで起こるパニック恐怖。
ふたつあるのではないでしょうか。
 
死に直結する恐怖は、車が一回転しすべての角が面取りされた事故を起こした時に

噂通り、時間がスローになったのを体験したくらいです(笑)
 
まあ、恐怖でしたが
どちらかというと驚きの方が大きかったような気がします。
 
しかし、今の状況が受け入れられない恐怖。
これは前に記した恐怖より頻繁に訪れます。
 
ある夜の体重計‥、ある朝の鏡‥、娘の大人過ぎる行動‥、最近あった制作の方はお察しの出来事‥。
 
ええ、恐怖以外の何者でもありませんでした。
下腹部あたりがキューっとなり、サワーっと一気に血が引く感じ。
その後の衝撃と絶望感。
あの感情を恐怖以外のなんと呼んだらいいかわかりません。
落ち込むとも少し違う気がします。
 
車の事故も、ぶつかった恐怖より
ぶつかった後始末?に恐怖を感じます(笑)
 
いっそ、腕の一本でも折れててくれ。
胃に穴でも空いて血を吐かせてくれ。
ってか、夢でしょコレ。
ずるい私は本気で願います(笑)
 
しかし、 健康診断でもオールAの私。
小学校のマラソン大会が嫌で、どうにか風邪をひこうと
真冬に水風呂に入り、布団も掛けずに寝るという暴挙に出ましたが、
鼻水さえ出ませんでした。
(子供を産んだ時に聞いた話だと、人は寒いだけでは風邪をひかないらしいです。その知識、もう少し早めに下さい(笑))

 
そう、そんな恐怖に出会った時、
私ができることは‥。
 
負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと、
ダメになりそうな時、
それが一番大事〜なんだと、大事マンさんも言っていました。
 
本来のお題とは少しかけ離れてしましましたが、
日常に溢れる恐怖と日々戦い続ける松田でした。
 

写真はゾンビになってしまった娘です。

IMG_1466.JPG

CONTACT

下記のフォームに必要事項を記入してください。※お問い合わせの際には個人情報保護方針のご確認をお願い致します。

会社名
お名前必須
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
メッセージ