BLOG
ブログ

2014.09.02

くりかえすこのテロリズム

 

Grand-Bazaar

 

 

あそうです。

 

霊的な恐怖経験は未だにありません。

 

そういうものをあまり信じていないからかもしれません。

 

 

命の危機を感じたことは原付の事故を3回程やった時ぐらいですが

 

その時は恐怖というよりビックリした〜という驚愕に近い感情でした。

 

 

 

平和な人生を歩んできた私ですが、割とゾッとするのは日本での常識が通用しない海外に行った時に経験することが多いかもしれません。

 

 

 

昨年の5月頃イタリア旅行から日本へ帰国する際にトルコのイスタンブールにトランジットで寄った時のことですが、丁度その時期トルコでは反政府デモが起きていて

非常に国内が不安定でした。

 

 

市内のホテルに1泊し付近を観光した後、日本行きの飛行機に乗るためタクシーでイスタンブール空港へ向かっていたのですが、空港はパトカーなどが何台も並び、警察もたくさんいて何やらものものしい様子。

 

 

タクシーの運転手に何があったのと聞いてみると、どうやら空港に爆弾が仕掛けられているみたいだと笑顔で答えてくれました。

 

 

本当にこういうことってあるんだな〜と驚いていると

 

 

急に「ドカーン!!」と聞いたことも無いような強烈な破裂音が衝撃波と共にやってきて

数分前まで停車していた付近が黒こげになっていました。

 

 

辺りは騒然としていて暫くの間訳が分かりませんでしたが、状況が理解できてからサーッと血の気が引いていくのを感じました。

 

 

その数日前にもシリア国境のトルコ南部の町で車が爆発するテロ事件が起きていて、何人もの人が亡くなっているというニュースを聞いていただけに生きた心地がしませんでした。

 

 

タクシーの運転手は「本当に爆発したな!」と笑っていました。

 

 

お化けよりも本当に怖いのは人間なのだとつくづくそう思います。

 

 

 

みなさんも爆弾には気をつけてくださいね。

 

 

 

(これだけ聞くとトルコは危険な国のように思えるかもしれませんが、親日の国なので割と優しくしてもらえますし、バザールも安価で面白いものがいっぱい売っていたりと雑多な雰囲気があって私はイタリアよりもトルコの方が好きでした。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CONTACT

下記のフォームに必要事項を記入してください。※お問い合わせの際には個人情報保護方針のご確認をお願い致します。

会社名
お名前必須
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
メッセージ