BLOG
ブログ

2014.11.12

特別インタビュー

去る10月の終わりのある日、グアムで阿部氏に遭遇。独占インタビューを敢行した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

—— 阿部さんは、世間では「時代の寵児」、「革命家」などと呼ばれていますが、それについてご自身ではどう思われますか。

 

 

阿部「そうですね。何だか恥ずかしいですね(笑)。特にこれといって目立とうとか、何か変えてやろうとか思ってここまでやってきた訳ではないので。ただただ目の前にあることを一つ一つこなしてきただけというか…。」

 

—— 地道な努力が今の阿部さんの成功を作り出した、と。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

阿部「いやいや、努力だなんて。まあ、でも必死に世間に食らいついていった、みたいな感じはあるかな。あ、ちょっと格好良く言い過ぎか(笑)。」

 

—— 阿部さんの作り出すシステムはいつも独創的で、斬新で、いつも新鮮な驚きを我々にもたらしてくれます。その発想の種はどこにあったのでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

阿部「そうですね。自分でもこれ、と言えることはあまり無いんですが、強いて言えば、家でゆっくりすることがいいのかもしれません。仕事から帰って、部屋を少し薄暗くして、ウィスキーあたりをちびちびやりながら、ぼーっとしている時に不意にやってくるんですよね、アイデアってやつは。あとは、山ですね。山に登ると、パワーをもらえる気がします。富士山に登ったときなんか、下りて来ても、あと10往復は出来そうなくらいの気分になります。そんな時にもアイデアを思いつくことがよくあります。脳のシナプスがあちこちに繋がってスパークする感じ、って言ったら…。あ、よくわからないですよね。」

 

—— 私には少し難しいみたいです(笑)。そういえば、今回のように、休暇でよくグアムにいらっしゃるともお聞きしましたが。

 

阿部「はい、最近はグアムに来ることも多いですね。グアムにはたくさんのアクティビティもありますし、単純に楽しいです。でも、忘れてはならないのは、ここは戦時中は多くの犠牲を出した場所であるということ。我々もビジネスの場という戦いの中に身を投じている訳ですが、極力犠牲を少なく、関わる人々が互いにWin-Winになるようにしていかなければならないと、グアムに来るといつも自分を戒めています。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

—— 休暇の間もそんなことを考えていらっしゃるのですね。感服いたしました。それでは最後に、読者のみなさんにメッセージを。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

阿部「『夢は信じれば叶う』とよく言われますが、夢ばかり見て、足下を見なければ決して夢は叶えることはできないと思っています。足下の、今やるべき事、片付けなければならない事、そういったことを一つ一つこなしていくことが、遠回りに見えて実は、夢への近道なんだと、私はこれまでの人生で学びました。全ての人に当てはまる訳ではないかもしれませんが、このことが少しでも参考になればいいなと思います。」

 

—— 貴重なメッセージ、ありがとうございました。読者のみなさんも、これからの阿部さんの叶える夢に大いに期待していることと思います。本日はありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

阿部「こちらこそ、ありがとうございました。」

 

 

 

 

…みたいなフィクション記事を考えるのが、最近の私、今村の趣味です。

CONTACT

下記のフォームに必要事項を記入してください。※お問い合わせの際には個人情報保護方針のご確認をお願い致します。

会社名
お名前必須
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
メッセージ