BLOG
ブログ

2016.05.08

アド通信Vol.13 応援看板

私は3年連続で郡山シティマラソンへ子供と参加しております。 1年目は親子の部2km。2年目は18歳以上5km。今年は10km。 目標は10km歩かずに完走する事でした。他に目標のない私は、どんな人たちが、どんな思いで、 どのような格好で走っているのだろう。沿道にはどんな人たちが応援しているのだろうと考えていました。 勤めている社名入りTシャツ、Tシャツの後ろにメッセージ入り【完走すっぺ】等、暑いのに変装して走る人等。 社名入りTシャツを見ると、どんな職場なんだろう?と調べたり、メッセージ入りTシャツを見ると勇気付いたり ちょっとした言葉で色々想像が膨らみます。 応援 マラソン4

マラソンには常識が無く、目立つの自由、音楽を聴いて走るのも自由、応援の自由もありました。 沿道で応援ソングを歌っている人たち。太鼓を叩いて激を飛ばす人たち。知らない人たちに応援される嬉しさも 16年ぶりに感じる事ができました。 また、つらい場所には必ずメッセージがありました。応援 マラソン3応援 マラソン1 すべてのメッセージには意味があり、それを見る事によりまだ頑張ろう。ここでやめる事は誰でも出来る。ここを頑張れば、次も頑張れる等と考えさせられました。

アイディア一つ伝えるだけで気持ちが変わるなんて言葉には不思議な力があると改めて感じる事ができました。

仕事にもマラソンで経験した事を活かしていこうと思います。

                           endo

 

CONTACT

下記のフォームに必要事項を記入してください。※お問い合わせの際には個人情報保護方針のご確認をお願い致します。

会社名
お名前必須
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
メッセージ