BLOG
ブログ

2016.09.05

Adobe Max 2016に参加してきました!

先日、竹田・色摩の2名が1日時間を頂き、東京ビッグサイトで開催されるAdobe Max Japan 2016に参加させて頂きました。

Adobe Max Japan 2016

 

今回はそのレポートを簡単にですがまとめていきます。

 

初めて来たけど、ビッグサイトの広さに驚愕!

隣ではサイン&ディスプレイショーというのもあって気になりましたが・・・時間の都合で断念!

2016-09-02 13.10.102016-09-02 13.11.352016-09-02 13.12.33クリエイターの祭典というだけあって、会場は予想以上におしゃれでクリエイティブ感満載!

全体的に暗く、クラブみたいな感じ・・・

2016-09-02 13.16.232016-09-02 13.18.21

会場入口にはMAXロゴのプロジェクションマッピングが!

2016-09-02 13.18.14

2016-09-02 13.24.04 2016-09-02 13.23.55   

会場内にはたくさんのセッション、企業による出店がありました!

MicrosoftによるSurfaceを使った似顔絵ライブドローイング。

モリサワによる新しいフォントの紹介。

CygamesによるゲームのUIで使用されるボタンを実際に制作してみるコーナーなど。

2016-09-02 14.56.05 2016-09-02 13.47.39 2016-09-02 13.46.09 2016-09-02 13.46.30 2016-09-02 13.47.07 2016-09-02 13.44.58 2016-09-02 13.44.34

そんな中、色んなセッションで紹介されていた今注目のツールがこちら!

WEBサイトやスマホアプリのUIなどのモックアップを簡単に、かつ直感的に作ることができるAdobe XDです。

もちろんIllustratorやPhotoshopなどとのファイルの互換性もあります。

今なら無料でお試し出来ちゃいますが、今後正式版リリースに向けてどんどん新しい機能が追加されていくそうな・・・

以下から動画を見て頂くと分かりやすいと思います。

自分が個人的に一番刺激を受けたセッションがこちら!

「のめり込む新たな体験 – 攻殻機動隊4K VRのその先へ」

by 株式会社ストイックセンス

 「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」という、VRでその場にいるかのような体験ができる映画製作の紹介です!

元は普通の2Dアニメ「攻殻機動隊 ARISE」が劇場版VRになったものだそう。

以下の動画は画質は落としていますが、Youtubeアプリ上でもコントローラーを使って主人公視点になり360°見渡せる仕様になっています。

VRという360°見渡せる仕様上、通常の映画とは桁違いのワイド解像度が求められる中、MAYAやCinema4DなどのCGを使ってもAdobe Premiereならスムーズに再生できたとのこと。

絵コンテ段階でスケジュールが押してしまい、OKが出てからたった3か月、10社のCG制作会社による合同制作チームで仕上げたというから驚きですね!

 

別の動画系のセッションでも取り上げられていたのですが、今や映画の撮影など4Kで撮影なんて当たり前。

それをさらに超えた6K、8Kでの撮影が現場では標準的に導入されているそうです。

8K_image_2世界の広さを知りましたね・・・!

 

以上、簡易ではありますがAdobe Max Japan 2016の報告をさせて頂きました~!

詳しくは今度のモクモク会にて報告させて頂きます。

CONTACT

下記のフォームに必要事項を記入してください。※お問い合わせの際には個人情報保護方針のご確認をお願い致します。

会社名
お名前必須
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
メッセージ