BLOG
ブログ

2015.08.25

360度コミュニケーション!

今回のクリエイティブ・ラボは、新しい広告戦略についてです。

少し前に、興味深い本を手に入れました。内容は、「広告の常識」を覆すものでした。

一部を紹介しますと、広告の自体「プッシュ型からプル型」にシフトしているということ

今までは「プッシュ型」と言われ、簡単に言うと企業からのメッセージを「統一のビジュアル・キャッチコピー」で認知度を刷り込み。どのメディアでもぶれない同じ内容の広告で、顕在的なニーズへの後押しをし、刈り取りるやり方で

最近変わりつつあるのが、「プル型」と言われるもの。メッセージやコンセプトは統一した上で、表現上の「統一」はあえて行わなわず、ユーザーがそのメディアに接する事情や都合に合わせて、最適なものを作り複数の「顧客接点」を「連動」させることによって、購買・行動に引き込むやり方。

現在では、消費者は購買や、行動までにTVCM、チラシ、デジタルサイネージ、WEB広告、ポスター、口コミランキングサイト、などなど「平均で10.4」の情報源に触れると言われており、ある調査によれば、信頼できる情報源として、「知人の口コミ」の次に「企業発信コンテンツ」が挙げられており、消費者は「広告」であるかどうかよりも「コンテンツとして有用かどうか」で判断しているというということ。

そのことから出せる答えは、

「ユーザー目線のコンテンツ制作」と、「様々なユーザーと出会うメディアの選定」が重要なカギになっているということ。

現在の溢れるメディアの中で、どこで、どのような状況で、有効なメディアを選定し、それぞれの広告を打てばいい結果が生まれるのか?
WEB広告は、クリックしたくなるようなタイトルたり、WEBサイトには分かりやすく伝えるための動画活用。動画広告の参入。お客さまに疑似体験してもらう“やってみた”などの参加型イベント。商品を売ることを目的と“しない”広告づくりをするなど。

今までにない広告の戦略が必要な時代になってきました。我が制作のプラニングAもクライアント様に一歩先の戦略を提案出来るよう、日々勉強していきましょう!

CONTACT

下記のフォームに必要事項を記入してください。※お問い合わせの際には個人情報保護方針のご確認をお願い致します。

会社名
お名前必須
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
メッセージ