BLOG
ブログ

2021.07.21

【第2回】情報設計のポイント

こんにちは。WEBチームのO倉です。
前回は、ランディングページ制作には4つの制作工程(戦略設計情報設計デザインコーディング)があるとお話し、1つ目の制作工程である「戦略設計」について解説させていただきました。
今回は、2つ目の制作工程である「情報設計」についてのお話をしていきたいと思います。

 

情報設計のポイント

全体の流れを設計する

情報設計は、ランディングページ(以下LP)を作る上で必要な情報を、戦略設計で決めたLPの方向性に沿って整理していく工程です。
まずは想定したユーザーに、まずは何を訴求して、どのような流れ・コンテンツで魅力を伝え、最終的にどのような行動をとってもらうか(コンバージョン)、全体の流れを設計します。

全体の流れを設計する時に洗い出すこと
・どのような商品・サービスか
・誰のための商品・サービスか
・競合との違いは何か
・使用・利用するとユーザーにどのようなメリットがあるか
・価格etc…

上記の情報を洗い出したら、情報を伝える順番を考え、並べていきましょう。
LPは何を訴求するかも大事ですが、どのような順番でどのような見せ方をするかがとても重要です。ある種プレゼンテーションに近いと言えます。

 

具体的にテキスト化する

全体の流れを設計したら、次はLPに必要なコンテンツを、より具体的に細部を詰めていきます。
それぞれのコンテンツごとに詳細な見出し・本文などをテキストで書き出していきます。

 

レイアウトを考える

テキストの内容まで詰めることができたら、そのテキストを元にレイアウトを考えていきましょう。
どこに、何を、どのように配置するかをまとめた「設計図」をつくっていきます。この作業は一般的に、「ワイヤーフレームの設計」といわれています。
テキスト以外にも、写真やイラスト、グラフ、リンクボタンなどの要素も配置していきます。


 

まとめ

情報設計は、まずは大まかな流れを設計してから細部のテキストを詰めていき、より伝わりやすいレイアウトを考えていく工程です。
また、情報設計において重要なことは、ユーザー目線になって考えられているかどうかです。どのような順番で商品・サービスの魅力を伝えれば、ユーザーが欲しい情報に到達でき、結果コンバージョンに至ることができるのかを考えていきましょう。

次回は「デザイン」のポイントについてお話していきます。
お楽しみに!

 

アーカイブ

成果につながるランディングページの秘密
【第1回】ランディングページとは何か
【第2回】成果につながるランディングページの条件
【第3回】LPの制作・運用で失敗しないためのポイント

成果につながるランディングページの制作工程
【第1回】戦略設計のポイント

CONTACT

下記のフォームに必要事項を記入してください。※お問い合わせの際には個人情報保護方針のご確認をお願い致します。

会社名
お名前必須
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
メッセージ