BLOG
ブログ

2021.04.28

【第3回】LPの制作・運用で失敗しないためのポイント

こんにちは。WEBチームのO倉です。
今回のブログでも引き続き、「成果につながるランディングページの秘密」というテーマでお話していきたいと思います。
今回は「LPの制作・運用で失敗しないためのポイント」をまとめましたので、紹介させていただきます。それではいきましょう!

LPの制作・運用で失敗しないためのポイント

紹介する商品・サービスを1つにしぼる

LPは1ページ完結のため、その1ページで達成したい目標を1つにしぼることが重要です。
目標が複数あると情報過多になり、ユーザーの焦点が定まらなくなります。その結果コンバージョンにつながりにくくなります。

 

ターゲットと訴求ポイントを明確にする

どのようなユーザーにどのような魅力を訴求するか、LP制作の際に方向性を決めることが重要です。
ターゲットを決めることはデザインの方向性を決めることに、訴求ポイントを決めることはLPの構成・内容に影響します。

 

スマートフォンに対応する

近年スマートフォンでのインターネット利用が増えており、パソコンを持たない人も少なくありません。Googleもパソコンサイトではなくスマホサイトをページ評価の基準とする施策(モバイルファーストインデックス)を始めました。まさにスマホファーストの時代です。
パソコンサイトをスマートフォンで見ると、ボタンや文字が小さいため操作性が格段に下がります。その結果、閲覧のしづらさ・操作のしづらさがユーザーにとってストレスとなり、離脱につながります。
せっかく訪れてくれた人を逃さないためにも、スマホ対応は必須です。

 

LPの解析ツールを導入する

Googleアナリティクス等の解析ツールを導入することで、LPを訪れたユーザーの行動・状況を分析することができます。
LPのどの部分で何%のユーザーが離脱しているか、そのボタンが何%クリックされているか等を分析し、様々な角度から改善点を洗い出していきます。
LPは公開してからがスタートです。仮説を検証し、効率よくLPを改善していきましょう!

 

 

まとめ

今回のお話は参考になりましたでしょうか。
LPは、1ページに商品・サービスの魅力を凝縮し、ユーザーの心を動かすことを目標に制作します。そしてLPは公開して終わりではなく、改善を重ねて「育てていく」ものです。
プランニングAでは、Googleアナリティクスを用いて客観的なデータ数値分析を行い、次につなげるためのLP改善案をご提案しております。
安心して運用をおまかせください!

相談・お見積もりは無料です。詳しくはこちらから!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: lp_banner01-1-595x174.jpg

 
次回からは、成果につながるランディングページの制作工程について解説していきたいと思います。
お楽しみに!

 

アーカイブ
【第1回】ランディングページとは何か
【第2回】成果につながるランディングページの条件

CONTACT

下記のフォームに必要事項を記入してください。※お問い合わせの際には個人情報保護方針のご確認をお願い致します。

会社名
お名前必須
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
町名番地等
建物名
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
メッセージ